ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

おっぱい110番 [04] 1歳8ヶ月のおっぱい星人がバイバイするまで ~『言い聞かせ卒乳』体験談

 

あかちゃんとママ

 

子育てに奮闘しているママさんたち、いつもお疲れさまです。特に母乳育児を続けているママさん、睡眠時間も栄養も子どもを優先させて頑張っていらっしゃることとおもいます。

そんな母乳育児を続けているママさんは、一度は卒乳か断乳かのはざまで揺れ動いたことがあるのではないでしょうか。

 

私もそうでした。

息子はおっぱい大好きで、1歳を過ぎて大人と同じような堅さのものが食べられるようになってからも、四六時中、ほんとに『四六時中』おっぱいおっぱいでした。

こんなに大好きなおっぱいを奪うことは可哀想でできない、卒乳を目指そう! と思っていましたが。

 

ですが、「イヤイヤ」の主張が出始めた1歳5カ月あたりから、ことあるごとに(特に自分の要求がすぐ通らなかった時やくじけそうになったときなど)授乳を要求されて、その度に家事や用事が中断され、正直もうしんどい……と思い始めました。

 

月齢のわりに、あまりに頻回なので虫歯が心配になってきました。

夜中も何度も授乳するので母子ともに寝不足だったのも理由です。

 

今、卒乳と段乳のはざまで悩んでいるママさんたちが、自分たちの卒業の仕方を決めるひとつの参考になればと思い、息子と私の体験談を記します。

こういうケースもあるんだなぁという軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

 

◆実践した「言い聞かせ卒乳」とは

母親の意思で授乳をやめる断乳でもなく、子の意思でやめる卒乳でもなく、ちょうどその真ん中あたりの、母の意思で決めるけど子も納得して授乳をやめる方法です。

※参考ブログ:最強母乳外来フェニックス(カテゴリ「☆様々な卒乳のかたち」)

 

◆私の言い聞かせ卒乳のやりかた
(上述ブログに載っていたやり方を少しアレンジしています)

まず息子(当時1歳8カ月)に以下のことを伝えました。

 

「昨日神様から電話があって、息子はもう色々楽しいことが増えて来たから、そろそろおっぱいにバイバイしなくてはならないらしい」

29日(16日後)になったらおっぱいにお花が咲くので、そしたらおっぱいバイバイだよ。

 

うちは毎朝神棚に手を合わせているので「神様」がしっくりきましたが、「おにいさん(おねえさん)になったからバイバイ」とかでも良いと思います。

 

お花にした理由は、単に息子が草花好きなので。

怖い顔など、おっぱいがきらいになるものは書かない方がいいみたいです。

 

ちなみに上述ブログでは、この言い聞かせ期間は1カ月は欲しいとされています。

 

  • 家中に、おっぱいに描くマークを貼ります。
  • 夫から「今度おっぱいばいばいするんだって? すごいね~」などと2~3日に1回くらい言ってもらいました。
  • Xデーまでの授乳はほしがるだけあげます。母子ともに悔いのないように。
  • Xデーの数日前から少しずつおっぱいに絵を描いていきます。
  • Xデー当日は、朝に最後の授乳をしたあと、おっぱいに描く絵を完成させます。その後は、スパッと授乳をやめます。おっぱいケアのため4日後と10日後に助産院に行きました。

 

言い聞かせ卒乳▲実際に使ったカレンダーと花のマークの張り紙です

 

◆体験記

5月13日(Xデー16日前)

こちらの話すことは通じるようになった息子に、お風呂でゆったりとお湯に浸かりながら、神様からの電話のことを伝えた。神妙な顔。

カレンダーをリビング、トイレのドア、カウンターの下(リビングにいるときよく目につく場所)に張り、29日に赤マジックで花のマークを描く。

朝を迎える毎に息子と一緒に黒マジックで日付に「X」を付けてカウントダウンしていくことを伝える。家の至るところに花のマークの絵を貼る。

全てなるべく穏やかにポジティブな雰囲気で。

 

5月16日(Xデー13日前

寝かしつけは相変わらず添い乳だけど、夜中に目覚めたときはお茶を欲するようになる。

日中はふと「おっぱい」と口走ったあと、何事もなかったかのように他のこと(遊び)をする。本人なりに我慢しているのかも。

花のマークをみると「おっぱい、ばいばい」と言う。

 

5月22日(Xデー7日前

前日食べたホットケーキが生焼けだったのか、1回嘔吐+下痢。授乳は今まで通りにする。

食事は消化のいいものを極々少なめに食べる。

 

5月26日(Xデー3日前

うんちの状態が元に戻る。

…が、体調的に、29日に授乳卒業できるか不安になる。

 

5月27日(Xデー2日前)

明け方、頻回授乳。朝、目を盗んでおっぱいに花の絵を少し描く

息子は「あーあ。ペン……」と言って非常にがっかりした顔。以降、何度誘ってもおっぱい拒否。今日は飲んでも大丈夫だと言っても「こわい」「いや!」と。「お花の咲いたおっぱいは嫌なのね」と言うと「うん」。

夕飯準備中「お……」と言いかけて黙々とお茶を飲む。

お風呂はこの日からタンクトップを着てシャワーのみ。

寝かしつけは、やはりおっぱい拒否なので眠くなるまで一緒に遊ぶ。10分くらいぐずってセルフ寝。

日中時々ぐずるけど笑顔は普通に出るし、普段通りよく遊ぶので、明日もこのまま様子見しようと思う。夜中の授乳(3回)は、花を確認しつつも飲んでいた。

 

5月28日(Xデー1日前)

夫のアドバイス「黒マジックでマークを描いたから嫌なんじゃない? カレンダーのマークは赤じゃん」を受け、赤マジックで描き直す。朝、息子ご機嫌

朝食後授乳を求められ、描きかけの花をみせたら「はな。おっぱい、ばいばい」と言って飲まずに服をおろす。

 

5月29日(Xデー当日)

明け方、2回授乳。起き抜けにも授乳。「朝ご飯食べた後またおっぱい飲もうね」と約束。朝食後に最後の授乳。息子から「まい(おしまい)」と言ったので念を押して確認すると本当に終わりで良いようだったので、ビデオに気を取られている隙に花のマークを完成させる。

「お花が咲いたよ」と見せて初めの一言が、おっぱいに向かって「やっほー」で笑ってしまった。

その日はとにかく外遊び。ベビーカーで昼寝して、起きた時に「おっぱい、あーんたいよ(アーンしたいよ)」と泣くがおやつ(好物の果物)をあげたら落ち着く。

22時就寝。夜中何度か起きて泣くもセルフ寝。

 

5月30日(卒乳1日目)

朝6時起床、起きぐずり(今までは起き抜けにおっぱい飲んでいたので)。この日も外遊びをたっぷりと。21時半就寝。

 

5月31日(卒乳2日目)

夜中2回起きて泣きセルフ寝。朝8時起床。とにかくこの日もなるべく外遊びを心掛ける。

 

6月12日(卒乳14日目)

1日1回は「おっぱい見たい」と言っていたのが、この日から言わなくなった。代わりにぬいぐるみたちに授乳の真似(息子が母役)をするようになった。

 

 

このような感じで、息子はおっぱいを卒業しました。夜は朝までぐっすり寝られるようになりました。今現在2歳1カ月ですが、以降おっぱいを飲みたがりません。他の子の授乳姿を見ても大丈夫なようです。

 

時期的なもので偶然かもしれませんが、おっぱいを卒業してからは息子の自立性が増したように感じます。

誘ってもないのに子ども用便座に座りたがったり、他の子とおもちゃの取り合いになってもすぐ「おっぱい!」だったのが自分でなんとかしようとしたり。

 

ただ、おっぱいにはやはり愛着があるようで、いまだにお風呂などで私が裸になると嬉しそうに抱きついて来ますし、時々恥ずかしそうに、おっぱいをそっと口で触れたりしています。

 

大好きなおっぱいと別れるので淋しい想いはさせてしまいましたが、一般的な断乳のやり方よりも負担が少なく済んで良かったかなと私は思っています。

 


最新記事一覧

PAGETOP