ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

ファミリーキャンプに行こう![24]ログキャビンでプレキャンプデビューしてみよう!

ファミリーキャンプに行こう![24]ログキャビンでプレキャンプデビューしてみよう! 

そろそろ暖かい日も増えてきて、春を感じるようになってきました。

3~4月はプレキャンプデビューにぴったりの時期!

 

「キャンプに興味があるけれど、キャンプって自分にできるかな……」

そう感じる方は多いと思います。

 

キャンプを始めてみたいけれど……という人からは、

 

  • 興味はあるけど、自分に合うかわからない
  • 子どもがどの程度楽しめるのかわからない
  • そもそも、クルマがない

 

こんな言葉をよく耳にします。

 

ということで、まったくキャンプを経験したことがない方の「プレデビュー」におすすめのキャンプ場をご紹介します。

■パディントンベアキャンプグラウンド

▲公式ページより

 

こちらは、「相模湖プレジャーフォレスト」に隣接するキャンプ場です。

キャンプ場といっても、メインはすでに立てられている常設テントやキャビン、トレーラーハウスなどがメイン。

橋本駅からバスも出ているので、クルマがなくても大丈夫です。

キャンプの雰囲気を気軽に味わってみたい! という方にはとてもおすすめのキャンプ場です。

■プレデビューならログキャビンがおすすめ

 

まずは「自分がキャンプに合うかどうか」を判断するなら、ログキャビンに泊まるのがおすすめです。

ここは、冷暖房、冷蔵庫、布団がセットになっているので、どの時期に泊まっても快適に過ごすことができます。

ただし、お風呂、お手洗い、食事は外で取る必要があります。

それだけでも意外とホテル泊とは違いますよね!

 

テント泊ではないので、「キャンプじゃないじゃん!」と思われるかもしれませんが、いきなり道具を一式揃えるのはかなりハードルが高いし、お金も掛かります。

個人的には、まずはこういったプレデビューを挟むことをおすすめします。

 

食材などは、クルマで10分の距離にスーパーがあるので、そこで買って自分で調理してみましょう。

宿泊者は、屋根付きBBQ場を無料で使うことができます。

別料金ではありますが、現地で食事をとることもできます。

 

施設もとてもきれい!

こちらが、宿泊者が使えるシャワールーム。

 

なんと、授乳室もあります。

 

■遊園地、温泉が隣接!

 

こちらのキャンプ場は遊園地が隣接しているので、そのまま歩いて遊園地に行くことができます。

宿泊者は、宿泊日2日間の入園料が宿泊料金に含まれているので、遊園地でも遊ぶことができるんです!

特に「ピカソのたまご」は入園料だけで遊ぶことができる本格的なアスレチック。

未就学児にはこれだけで十分なくらいのボリュームです。

別料金ですが、フリーパスを購入して遊んでもいいですね!

 

そして冬季はイルミネーションもあります。

▲プレジャーフォレストイルミリオン

 

これだけを見に来る人もいるくらいのとても見ごたえのあるイルミネーションでした。

 

また、天然温泉も隣接していますので、温泉を楽しむこともできます(別料金)。

 

桜の木もたくさんあるので、お花見にもおすすめ。

夏期はじゃぶじゃぶ池、冬季は人工雪で遊ぶこともでき、キャンプとレジャーが一気に楽しめる、ほかにはなかなかないキャンプ施設です。

 

■無理せず自分に合うかをまず判断してみよう

キャンプに興味があるけど、決して安くないキャンプ道具をいきなり一式揃えるのはなかなか踏み出せない、という方は、まずこういったプレデビューを挟んでみることをおすすめします。
それでもホテル泊とはだいぶ違うので、ログキャビン→常設テントと泊まってみて、OKそうなら装備を揃えてみる…という順にしていけば、「全部買っちゃったけどやっぱり私には無理だった」ということにはなりにくいと思います。

 

また、パパが忙しいので、母子だけで行きたい! という方にもログキャビンや常設テントはおすすめです。

やはりテントを立てたりするのには男手が必要なので、あえてテントを立てることにこだわらなくてもいいのかな、と思います。

 

今年はキャンプデビューしてみたいな、と思う方はぜひプレデビューを試してみてくださいね!


最新記事一覧

PAGETOP