ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

ついにきた……、息子の『手足口病』発病から収束までの2週間をレポート!

ついにきた……、息子の『手足口病』発病から収束までの2週間をレポート! 

Exif_JPEG_PICTURE

 

巷で大流行の手足口病、ついに息子もかかってしまった。

 

【1日目】

明け方、号泣しながら起きたので抱っこしたら全身が熱い。

これは38度以上ある感じ。暴れて熱も測れない。

そう言えば、前日もなんとなくぐずっていたっけ。

 

とりあえず裸にして濡れタオルで拭いたら身体の熱はちょっと下がった。

熱を測るのは諦め、水を飲ませて着替えさせて抱っこで落ち着くのを待ち再び寝る。

 

【2日目】

起床はいつもより少しゆっくりで、朝ごはんは少しだけ食べられた。

この時、舌に白いものがポチっとあるように見えたので手足口病を疑う。

 

10時、熱38.1度

やはり手足口病か? それなら熱はすぐに下がるだろう、と様子を見る。

本人は普段よりぐずるものの元気だし、幸い熱も怖いほどの高さではない。

 

病院の予約が取れたので支度をするが、この日は暴風雨。自宅の前の道路は冠水。

この嵐の中に連れ出すのは…と予約キャンセル。

 

午後は熱も下がって36.4度。夕方以降、腕や脚にも発疹がでてきた。

20時、熱38.0度で就寝。熱が上がって起きることもなく朝まで寝られた

 

【3日目】

翌朝、熱36.9度。本人は元気いっぱい。病院へ行くとやはり手足口病と診断される。

のどにも口内炎があるので飲食を痛がったら無理しないでゼリーなどにしてください、と。

 

メロンやキウイ、トマトもしみますから…ってメロンもトマトも食べちゃった!

食べられるならOKだけど、ひどくなったら痛がるから気をつけて、と。

 

口内炎の痛み止め飲み薬と、発疹の塗り薬をもらう。

発疹は水ぶくれみたいなので、つぶれた箇所からバイ菌が入らないように。汗もかくしね。

キズ薬だから擦り傷なんかにも使ってあげて、と子どもの必需品をゲット。

 

熱がなければお風呂も普段通りで大丈夫とのこと。

 

発疹はどんどん増えてきて、特に脚(ひざ、太もも)にたくさん出た。

翌日になると手指や足裏、お尻にも。中にはつぶれているのもあるので、薬でカバー。

 

痒くてかくこともないし、痛がることもないのは幸い。

もし、この発疹が痒い種類だったら耐えられないと思う。

全身にこの量の発疹。たぶん大人でも眠れないね。

 

教科書通りだと、手のひら・足裏・口内に発疹ができ、手足は痛くも痒くもなく口内炎は痛い。そのため飲食を嫌がり、水分補給にも困るらしい。

でも薬剤師さん曰く実際には真逆の子もいるらしいし、そりゃ個人差あるよね。

息子の口内炎は痛くないらしく、熱が下がったら飲食も普段通りで助かった。痛み止めも飲まずに済んだ。

 

【6日目】

診断から3日目の朝、発疹がちょっと減っている気がする。触るとボツボツしていた膝も少しマシになっている。

まだ水ぶくれ状態のもあるからもう少し時間はかかるけど、収束に向かっている様子。ふー、良かった。

 

ところで、手足口病って一度やったらもうかからないものだと思っていたら違うらしい。

手足口病にも何種類かのウィルスがあって、違うウィルスだと数回かかるらしい。

 

ということは、今夏もまだ気は抜けないわけだ。全国で大流行の手足口病がみんな同じウィルスのわけがない。

ここ数年に出てきた新しいモノだと大人も免疫がなくてうつるみたい。これが厄介で、高熱になるし発疹も大きいとのこと。

今回息子がかかったのはそれではないでしょうと言われたけど、友人の旦那さんは子どもの手足口病がうつったって言っていたし気をつけなければ。

 

自分の子どもからだけでなく、外で知らない子どもからうつることだってあり得るわけよね。

そしたら間違いなく我が子にもうつるよね。

 

唾や排泄物に含まれているらしいので、自宅でも外出先でも手洗いしっかり!

 

【13日目】

診断から10日、発疹はなくなり痕が少し残っているだけ。あとちょっとだ!

 

【17日目】

診断から2週間、白い薄皮がむけているのは発疹(水ぶくれ)の名残と思われる。これを剥かないのがエライ!私だったら気になって剥いて痛くして後悔するはず。

大きめの発疹がたくさんできた膝には虫刺され痕に似た痕がまだあるけど、きっとこれらも忘れた頃にキレイになるのでしょう。

 

 

息子よ、よくがんばりました。また一つ強くなったね!

 


最新記事一覧

PAGETOP