ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

長女の誕生日を出張シェフのお料理でお祝い! 「マイシェフクイック」を利用しました

 

夏休みに6歳になった長女(年長)。ついこの間、産んだばかりのような気さえするのに、来年はもう小学生。もうすぐ、ランドセルも届きます。あぁ、あの赤ちゃんだった長女が、「行ってきます!」と言って一人で家を出て行くだなんて〜!!

 

さて、先日、私から長女へのお祝いの1つとして、仲の良いお友達母子をご招待して、簡単なお誕生会を開催しました。

パーティーメニューは、以前から興味のあった出張シェフサービスの「マイシェフ」を利用してみることに!

【参考記事】ママ会やホームパーティーにぴったり! 片付けの心配もない出張シェフサービス「MyChef(マイシェフ)」に大満足

 

ずいぶん前に、「どんなシェフがどんなお料理を作ってくれるのかな〜」と検索した時には、たくさんヒットしたのですが、日程が決まったのが1週間前で予約できるギリギリのタイミングだったためか、希望の日に予約できるシェフがヒットせず! がーーーん!!

 

▲「マイシェフ」公式サイト

 

諦めかけたその時、サイトを眺めていて目に入ったのが[家族親族の集まり・2名分・マンションパーティースペース向け「マイシェフクイック」はこちら]の文字(上の画像で、上方にある黄色いバー部分の文字)。

 

マイシェフは、自宅のキッチンでシェフが仕込みから始めて調理・サーブをしてくれるサービスですが、マイシェフクイックは、仕込み済みのお料理を持参でシェフが来てくださり、茹でる・焼くなどの最終調理のみを行ってサーブしてくれるサービスのようです。

▲「マイシェフクイック」公式サイト

 

今回、ラッキーなことにマイシェフクイックでシェフを予約することができました。

マイシェフは4名分からの注文となりますが、クイックの方は2名分から注文できるようなので、大人(母2名)分だけにしようかと悩みましたが、せっかくのお誕生会なので、子どもたちのぶんも注文してみることに。母さん、奮発です!

申し込み後、メールで届いたヒアリングシートに(持っている調理器具などを)回答し、あとは当日を待つのみ。

 

そして、当日。食事開始の30分前にシェフがわが家に到着。

今回来てくださったのは女性のシェフ。洗面所で私服からコックコートに着替えたシェフが再登場すると、子どもたちは、「おおおおお〜!」と興奮気味(笑)

キッチンの設備や必要なもの(お皿、スプーンなど)を準備して、あとはシェフにおまかせ!です。

 

▲子どもたちガン見…シェフ、調理しづらそう(笑)

 

前菜の準備をしていただいている間に、母たちはフレーバーティーとともにママトーク。

▲ライチの香りに癒やされる〜♡

 

ホストである私がすべきことといえば、テーブルセッティング(と、ワインの用意)のみ。ラクち〜ん!!

▶おうちパーティーに準備したいNARUMIの子ども用カトラリー

 

▲お昼から失礼します! だって、お祝いだもの♡

 

そして、調理開始から30分、【<夏コース>魚介と季節野菜たっぷり 本格フレンチ&イタリアン(魚と肉のダブルメイン)】のスタートです。

 

▲1皿目:前菜(バーニャカウダ 、サラミ盛合せ、魚介のカルピオーネ 前菜3点盛)

 

子どもたちは、見慣れないお野菜に戸惑いつつ、食べられそうなものを摘んで食べていました。母たちは子どもたちの残したお野菜をありがたくいただきました!

 

ちなみに、今回、子ども3人(年長2人、1歳1人)が食べられるものが少なかったときのために、ブロッコリー・コーン・トマト・ゆで卵を準備しておきました。

結果的に、この準備は正解でした! 子どもたちは、シェフが用意してくださったバーニャカウダソースに、温野菜をつけて食べていました。普段はマヨネーズなのに、贅沢〜。

たしかに、このバーニャカウダソース、とっても美味しかったんです。美味しいものは子どもでも分かるものですね。

 

▲2皿目:パスタ(冷製シチリア風カポナータをのせた大葉ジェノベーゼ フジッリ)

 

ジェノベーゼというので、バジルのソースだと思いこんでいましたが、大葉のジェノベーゼとのこと! すごくいい香りでとても美味しかったです。

こちらは、子ども3人もパクパク。お姉ちゃんたちは1人分をペロリ。1歳のおチビは私の分を半分くらい食べました。

 

…ここまでたべて、子ども3人はすっかり満腹。

「ねぇ、ママ、ごちそうさまして、遊んでいーい?」とのリクエストに「ど〜ぞ〜」と答えると、「やったー」と言って消えてきました。

子どもたちがいなくなった(正確には、別の部屋に遊びに行った)静かな食卓で、このあと、ゆっくりとメインの2品をいただきました。

 

▲3皿目:メイン1(赤甘鯛のシュニッツェル 冷製トマトソース)

 

▲4皿目:メイン2(上富良野産 地養豚ヒレ肉のサルティンボッカ ソース ヴァンブラン)

 

シェフのお料理の説明を聞いたり、半年後の小学校生活に思いを馳せたり、今度のお休みに一緒に遊びに行く計画を立てたりと、飲む・食べる・喋るがノンストップ。

その間、シェフは調理をしたり、サーブしたり、お皿を下げたり、下げたお皿やお鍋を洗ったり、キッチンカウンターを拭いたりしてくださっていました。

 

 

12:00にシェフが到着し、12:30から始まったランチでしたが、「こちらで、本日のコースは終了となります」とお声掛け頂いたときには、14:00になっていました。

 

シェフをお見送りして、キッチンに戻ると、

▲お皿などは自宅のものを使いますが、足りない場合はシェフがプラスティック製のお皿を貸してくださるそうです(有料)

 

普段の状態よりずっとキレイに片付いているような!? ありがたい以上に、なんだか申し訳ないくらいの気持ちになりました(汗)きれいな状態を維持しようね、私…。

 

今回は、誕生会だから!と奮発して子どもの分もコースを頼みましたが、6歳の子どもには食べにくい食材があったり、量が多かったりと、ちょっともったいない部分もありました。

次回は、コースをお願いするのは大人分のみにして、子どもには簡単に準備しておくというパターンでもいいかもしれません。

 

▲コースにデザートがなかったのでバースデーケーキは別途用意しました

 

それにしても、準備も後片付けも不要で、自宅でのんびり食事ができるってなんて贅沢な時間なんでしょう!

さっさと食事を終えた子どもたちが暇を持て余すことなく、自由に遊んでいられるというのが、親子ともに本当にストレスレス。

授乳やおむつ替え、寝かしつけが頻繁な赤ちゃんがたくさんいる集まりにも、とても良さそう。

天候が悪い日に子どもを連れてお店まで行かねばならないという心配もないうえ、眠っちゃったらすぐにゴロンさせてあげられるのも自宅のメリットですよね。

 

2名分から注文できる・シェフ到着から食事提供までの時間が短いという点では「マイシェフクイック」はとても便利なサービスですが、今度はやっぱり、ゼロから調理してくださる「マイシェフ」を利用してみたいです!

 

【関連サイト】

最新記事一覧

PAGETOP