ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

ファミリーキャンプに行こう![28]あると便利なキャンプギア・その3

ファミリーキャンプに行こう![28]あると便利なキャンプギア・その3 

【シリーズ】ファミリーキャンプに行こう![28]

 

あると便利なキャンプギア[その1][その2]に続き、さらにグッズをご紹介します!

 

■キャリーワゴン

コールマン アウトドアワゴン

 

最近よく見かけるようになった「折り畳みキャリーワゴン」。

自分のサイトにクルマを横付けできるキャンプ場ばかりとは限りません。

駐車場にクルマを停めて、自分のサイトまで荷物を運ぶなんていうシーンが意外と多いんです。

ただでさえ重いキャンプギアをひとつひとつ運ぶのは大変ですよね。

 

そんなときに、このキャリーワゴンが便利。

使わないときも荷物置きとして活躍してくれるし、折りたためるのもうれしい!

メーカーによって微妙にサイズが違うので、荷物の量やクルマの荷台に合わせてサイズを選んで購入してくださいね♪

 

■たき火台2種

キャンプといえば、たき火!

…ですが、今は地面に直接薪(まき)を置いてたき火をすることは、環境保全面から禁止されているキャンプ場がほとんどです。

たき火をするなら「たき火台」が必要なのですが、その中でも用途別におすすめが2つあります。

 

どうせ買うなら「BBQ(バーベキュー)もできるセットがいい!」という方におすすめなのが、ユニフレームのファイアグリル。

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル

 

値段もお手頃で、機能面、価格のバランスのとれた逸品です。

また、このタイプは脚が独立しているので、「ちょっとたき火の場所を変更したいな…」というときも、たき火台の持ち運びがしやすいのが特徴。

本体と脚が一緒になっているタイプは、危ないので場所移動がしにくいんです。

 

また、キャンプも回数を重ねていくと、「もう毎回BBQはいいかな…」という日がやってきます(笑)

でも「たき火はしたい!」という方におすすめなのがこちらの超コンパクトな1台。

 

NOMADE (ノマド) ステンレス 焚火台 ファイアスタンド 簡単組立 メッシュシート

 

ファイアグリルにくらべて、収納は1/5程度で超軽量。

さらにメッシュなので燃焼率がよく、燃え残りが少ないのも特徴です。

値段も安いので、サブで1つ持っていてもいいと思いますよ! 我が家も10回は使っていますが、金属メッシュはまだまだ使えそうです。

もちろん金属メッシュは別売りで買い替えもできるので、わりと長持ちしてくれそうです。

 

次回も便利なキャンプギアをご紹介していきます!


最新記事一覧

PAGETOP