ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

植物園・動物園に遊園地もプラス!「豊橋総合動植物公園」(愛知県豊橋市)

植物園・動物園に遊園地もプラス!「豊橋総合動植物公園」(愛知県豊橋市) 

【連載】公園・庭園・デパートの屋上で遊ぼう![75]

 

「豊橋総合動植物公園」は、1つの公園に植物園、自然史博物館、遊園地、動物園があり、1日遊べます。

恐竜遊具がある珍しい公園で、動物園ではすぐ近くまで来る動物を楽しめます。

 

■自然史博物館

この公園は「のんほいパーク」という愛称で親しまれています。

植物園、自然史博物館、遊園地、動物園がひとつに集まった公園です。ここに来れば、博物館も動物園も一気に楽しめます。

nonhoi-park8▲看板

 

恐竜好きの子におすすめなのが、自然史博物館。有料ゾーンの展示以外にも恐竜がいます。

時間になると卵から恐竜がうまれます。時間になると子どもも大人も集まり、様子を見守ります。

nonhoi-park9▲恐竜の卵

 

■恐竜の遊具

自然史博物館前には恐竜の形の遊具広場があります。しかも、一体だけではありません。

みんながのぼってつかまって遊びます。恐竜と仲良く遊べる広場があるのは珍しいです。
nonhoi-park7

▲恐竜の広場

たくさんの恐竜がいるので、広場を巡るだけでも楽しいのではないでしょうか。大人の背丈よりも大きな恐竜がいます。

nonhoi-park3

▲恐竜の広場

 

■遊園地ゾーン

のんほいパークは、遊園地もあります。

入場券+3歳児から利用料金がかかるのですが、1日乗り放題券も売っているようでした。

写真はこども汽車です。

nonhoi-park6

▲こども汽車

 

メリーゴーランドは、小学校入学前なら保護者同伴。

保護者も子どもも料金がかかるので、パスを購入するか、遊具を厳選して遊ぶかを決めてから行くのがいいかもしれません。

nonhoi-park1

▲メリーゴーランド

 

■植物園ゾーン

植物園ゾーンでは四季によって違う植物を楽しむことができます。温室も3つ。ボートや大花壇もあります。

nonhoi-park2

▲植物園

 

■動物園ゾーン

動物園もあります。

園内はかなり広く、小さい子どもがいる家庭だと、効率よく巡る計画を立てていった方がいいかもしれません。

動物園ゾーンには、クマ舎、フラミンゴ舎をはじめとして、動物資料館もあります。

広い敷地にゆったりと生育されていて、人を怖がりません。サイも見ている人の近くまで来ていました。

nonhoi-park4

▲サイ

 

とにかく動物が近く、警戒心がまったくありません。シマウマも自由に動いています。柵が低いところだと動物と視線が合う場所もあります。

nonhoi-park5

▲シマウマ

 

とにかく広く、しかも大人も子どもも楽しい施設です。大人600円の入園料がかかりますが、1日いて遊んでもいいほどの施設です。

恐竜の遊具で遊ぶこともできるので、恐竜好きにはたまらない施設です。

 

【公園情報】

  • 開園時間…9:00~16:30
  • 休業日…毎週月曜日、12月29日~1月1日
  • 入園料…大人600円、小中学生100円
  • 住所…愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
  • アクセス…JR二川駅から徒歩すぐ
  • 詳細ページ…のんほいパーク

※本記事は豊橋総合動植物公園の公園使用許可を受け、取材・撮影を行っています
※本記事は「PARKFUL | 公園をもっと楽しく、もっと身近に。」の記事をもとにCheers! mama編集部が一部編集して掲載しています。

 

【協力】


最新記事一覧

PAGETOP