ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

イヤイヤ期エピソード大集合! 共感して笑って苦労を吹き飛ばそう(1)[チアママQ]

イヤイヤ期エピソード大集合! 共感して笑って苦労を吹き飛ばそう(1)[チアママQ] 

【連載】チアママQ[10]

 

1歳半くらいからじわじわとにじりよってくる「イヤイヤ期」「魔の二歳児」の足音。

イヤイヤMAXの子どもとの毎日は、途方に暮れることばかり……。

 

そこで、mama記者のみなさんが体験した「イヤイヤ期エピソード」を集めてみました。

「そうそう、わかる…」

「なんて気合の入ったイヤイヤなの!!」

共感したり、笑ったり、驚いたりして、みんなでいっしょにイヤイヤ期を乗り越えていきましょう〜!

 


 

sawo1

一つでも要求が通らないと「うるしぇー!」と絶叫する娘2才なりたて。

女の子なのに…

どこで覚えてきたんだ。

mama記者・サヲ

 


 

chaudesu1

この写真は帽子を被りたくないと言って逃げてるシーンです。

まあ、これは日常茶飯事です。

 

イヤイヤ期では、ちょっと悲しかったエピソードがあります。

ショッピングセンターの中で、子どもが「抱っこしてー」と泣いたとき、すぐ抱っこすればいいじゃないと言われてしまったこと!

さんざん抱っこした後だったので、「今は抱っこの時じゃない」と思っていたので、ちょっと悲しかったです……。

mama記者・ちゃうです

 


 

hirasawa1

娘、1歳9カ月のころ。

雨の日、外遊びに行くと聞かないので、ベランダで遊ばせたのですが、それでも家には入らないというので、今度は玄関でひと遊び。

おやつの時間になっても家に入らないと言うのでおやつも玄関で。

私はその間に家事をすませ、見に行くと、

 

寝ていました、玄関で…

 

靴も履いて帽子もかぶったまま。そしてなんとおやつも咥えたままでした。

眠くて余計にイヤイヤになっていたのでしょうね。

しかしこんなところで良く寝れますよねぇ…

 

当時は大変でしたが、数年経つと、可愛い想い出です。

mama記者・ひらさわなおこ

 


 

rei1

思い出と言うよりも、まさに現在進行形…です。

息子は現在2才8カ月ですが、4カ月ぐらい前から会話もスムーズにできるようになりました。

それとともに、よくはなすようになった文章として「これはママの?これは僕のじゃないの?僕のはないの?」「これは僕の!!(他の人の物なのに)」というものがあります。

他の人の物はあるのに、息子自身の物がないと激怒!!

それは息子自身が好きそうなオモチャや絵本などに限らず、ママが料理中に使っているクッキングシートや、お化粧中に使っている化粧品などであっても、息子自身の物がないと怒ります。

ちゃんと話をして理解させようとしてもなかなか難しく、かえって荒れてしまったりするので、他のもので気をまぎらわせてみたり、時にはあまりかまってあげないようにしてみたりと、いろいろためしながら接していますが、どういう風にしてあげるのかがいまだにわからず、試行錯誤中です。

本人のためにもなる、良い方法がみつけられればなと思っている今日この頃です。

写真は怒ってうずくまってしまった時の様子。大泣きしながら寝転がって手足バタバタ…というよりも、こんな姿勢になっていることが多い息子です。

mama記者・Rei

 


 

思いもよらない行動の連続のイヤイヤ期は、ネタの宝庫!…と考えれば、少しは苦労が軽くなる…かも!?

みなさんのお子さんのイヤイヤ期もきっと、振り返って思い出したらぜんぶ笑えるエピソードになるはずです!

これからも、mama記者のみなさんのエピーソドをどんどんご紹介していきますので、お楽しみに!

 



最新記事一覧

PAGETOP