ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

パパに贈るバレンタイン! 親子で食べられる「ココアフレンチトースト」で3歳息子が初めてのお手伝い(レシピ:タベソダ)

パパに贈るバレンタイン! 親子で食べられる「ココアフレンチトースト」で3歳息子が初めてのお手伝い(レシピ:タベソダ)

cmm_bnn1104tabesoda

【連載】子どもとたべよう!手作りおやつ[21]

vd010_Fotor
「お手伝い」に興味を持ち始めた3歳の息子といっしょに、今年のバレンタインはパパのためにスイーツ作りをしてみたいと思っていました。バレンタインといえばチョコレートのお菓子ですが、まだ3歳の息子には、チョコレートはあまりたくさん食べさせたくないというのが、正直な母心…。

 

そこで、息子と一緒に食べられるスイーツはもないかと探していたところ、パルシステムのアプリ「タベソダ」のレシピバックナンバー「親子で作り分けない! いっしょごはん」の中に、チョコレートではなくてココアを使った「バレンタインのココアフレンチトースト」というレシピを発見!

vd012

手順を見てみると、オーブン不要で手軽にできそうだったので、外遊びするには寒い日に作ってみました!

 

【材料】

image2_Fotor基本の材料はアプリ「タベソダ」の通りです。(「レシピバックナンバー」の「親子で作り分けない! いっしょごはん」から確認できます)

 

息子がデコレーションするので大きめのフレンチトーストにしたいと思い、レシピのパンとは違うのですがパルシステムの「産直みるくブレッド」を使ってみました。

vd002

まぁるくて大きなパンなので、カットすると断面が広くとれます♪

 

また、バレンタインデーが近いこともあり、スーパーの製菓コーナーにデコレーション用のアイテムがいっぱいありました!

vd003

息子と「どれを使うとかわいく仕上がると思う〜?」なんて相談しつつ、ハート型のマシュマロ・ デコレーション用の砂糖・ココアの黒に映えそうな白のチョコペンを購入。

 

息子が好きなフルーツもたっぷり用意しました!(って、パパのために作るのですが…!!)

 

【作り方】

基本の作り方はアプリ「タベソダ」の通りです。(「レシピバックナンバー」の「親子で作り分けない! いっしょごはん」から確認できます)

 

「お手伝い」をしてもらうのは今回が初めてだったので、興味を持つかな?と心配でしたが、お兄ちゃんのエプロンを着せてあげたら大喜び!

パンを切る・焼くは私が担当しましたが、それ以外のほとんどの行程を息子がメインで担当しました!

 

★息子のおしごと1★

vd004_Fotor_Fotor

事前に、卵・計量しておいた牛乳やミルクココアを小さいボウルに入れておき、混ぜ合わせる大きなボウルに入れてもらいました。

こぼさないように、ゆっくりそ〜っと入れていく様子が微笑ましかったです。

 

★息子のおしごと2★

vd005_Fotor

材料を全部入れたら、混ぜます(最初は難しいので私がちょっと混ぜてから渡しました)。

集中しておくちがあいちゃってます(笑)

 

★息子のおしごと3★

vd006_Fotor

フルーツのカットにも初挑戦!…とはいえ、まだ包丁を使わせるのは心配だったので、食事の時に使うナイフを使いました。

バナナはやわらかいので、ナイフで十分でした。バナナにくらべるといちごはちょっと力が必要だったみたいですが、何とか成功! 日頃のおままごとの成果が出たようです(^_^)

 

★息子のおしごと4★

vd007_Fotor

白いチョコペンでココアフレンチトーストにお絵かき。押しながら描くのはちょっと難しかったようですが、慣れてくるとグルグルとイラストを描いていました。

ちなみに……、普段あまりお菓子作りをしない私ですが、レシピと違うパンでもキレイに焼けました。よかった!

 

★息子のおしごと5★

vd008_Fotor

最後に、マシュマロや星形の砂糖をお皿に盛りつけ! この時がいちばん楽しそうでした♪

 

そして…完成!
vd009_Fotor

出来上がったフレンチトーストを「パパ、いつもありがとう! ボクが作ったよ!」と上手に言いながら渡すことができました。

「チョコペンの絵がいいね!」「バナナの切り方が上手!」「パンも美味しい!」とパパにたくさん褒めてもらって大満足♪

 

自分で作ると美味しさも倍増! 息子は嬉しそうに美味しそうに食べていました。

大人にも子どもにもピッタリの甘さ控えめレシピなので、粉砂糖を使ったら、デコレーションにも甘さの調整にもいいかも、と思いました♪

 

おままごとではなく、本物のバナナをカットしたり盛り付けたりできたのがとってもうれしかった息子は、「今度はなに作る〜?」と次回作に向けてやる気満々です(笑)

 

【関連アプリ】

 

【関連記事】

 

 


最新記事一覧

PAGETOP