ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

簡単・かわいいクリスマス料理で1歳の子どもたちとパーティーをしました!(レシピ:タベソダ)

簡単・かわいいクリスマス料理で1歳の子どもたちとパーティーをしました!(レシピ:タベソダ)

cmm_bnn1104tabesoda

【連載】超時短で満足ごはん[48]

【シリーズ】作ってあげたい!イベントレシピ[14]

ts09

 

息子、1歳4カ月。

離乳食完了期になり、いろいろ食べられるようになったため、クリスマスにお友だちと楽しいディナーパーティーができるようなメニューを探していました。

 

そこで、パルシステムのスマホアプリ「タベソダ」のクリスマス特集で見つけたレシピとアレンジアイデアを使って作ってみることにしました。

 

ts1214▲「タベソダ」画面

 

今回のメニューは…

 

メイン:緑黄菜めんのツリー+スノーマンチーズ

デザート:水きりヨーグルトのクリスマスケーキ+いちごサンタ

 

この2品で決まりです!

 

クリスマスといえばケーキ!……ですが、1歳の子どもたちには、まだ生クリームは早いかな?ということで、生クリームの代わりになる「水きりヨーグルト」と、離乳食時代から大好きなホットケーキを使ったレシピにピンときました。

 

【材料】

基本の材料はアプリの通りです。以下は私的ポイント。

 

■緑黄菜めんのツリー+スノーマンチーズ

パルシステムの「手のべ熟成緑黄菜めん」をツリーに見立てたメニューです。

ts01_Fotor

国産の小麦粉100%使用のそうめんです。

茹でるだけでカラフルに仕上がるので、食卓が華やかになるうえ、子どもも喜んで食べてくれます!

そうめんの色は、緑黄色野菜が練りこんであるから。自然と緑黄色野菜を摂れるので、野菜を上手に食べられない離乳食期には本当に重宝します。

今回のクリスマスパーティーでは、子どもが大好きなミートソースと合わせることにしました♪

 

■水切りヨーグルトのクリスマスケーキ+いちごサンタ

このホットケーキミックスは200gずつ(約4枚分)の小袋に分けられているので、保存しやすく使いやすいから大のお気に入り!

ts03_Fotor

国産の小麦粉というのも安心◎のポイントです。

 

【作り方】

きほんの作り方(レシピ)は、スマホアプリ「タベソダ」で紹介されています。

(「レシピバックナンバー」の「特集」から確認できます)

 

ここでは、私が子どもたちのパーティーに出すメニューとしてのポイントをご紹介します。

 

■ポイント1:小さなザルで2色いっきに茹でて時短!

鍋にかけられる小さなザルを使って、緑とオレンジのめんを同時に茹でました。

ts04

時短調理にオススメのアイテムです♪

 

■ポイント2:子ども向けのミートソースでデコレーション

そうめんに味付けをしたほうが食べやすいと思い、周りに飾りつけも兼ねてミートソースを使いました。

ミートソースは子どもも食べられるように1歳から使える香辛料が控えめのケチャップを入れて煮込みました。

大人が食べるときに味が足りなければ普通のケチャップやタバスコなどを少し足せばOK!

 

■ポイント3:水切りヨーグルトは前日夜に作成

今回、水きりヨーグルトは前日の夜に作っておきました。

ts05

ヨーグルト約250gを水切りヨーグルトにするとこんな感じになりました。

水きりヨーグルトは、プレーンヨーグルトをキッチンペーパーに包んでザルに入れて水きりをするだけで、ほどよいかたさになります。

ホットケーキの土台に、生クリームではなく水きりヨーグルトを使えば、離乳食から安心して食べられるデコレーションケーキになります♪

クリスマスはもちろん、ハーフバースデーや1歳のお誕生日のお祝いにもオススメですよ!

 

■ポイント4:ホットケーキは小さめに焼く

子ども用にデコレーションするので、ホットケーキは小さめに焼きました。

ts06

1袋(200g)で7枚できました!

 

■ポイント5:子どもも食べやすい一口サイズに

子ども用のクリスマスケーキは、ホットケーキを一口サイズにカットしてフルーツと水切りヨーグルトを挟んで重ね、サンタさんのピックで留めました。

ts07▲小さなお子さんがピックを使う際は大人の方が注意して見てあげてくださいね。

 

こうして、1歳の子どもたちのクリスマスパーティーメニューが完成しました!

 

ts08

子どもたちはスノーマン、星型、いちごサンタに興味を示し、「あ!」と指さして喜んでくれ、ちゅるちゅる・パクパク美味しそうにたべてくれました♡

大成功!!

 

子どもの相手をしながら作るとどうしても時間がかかってしまうので、前日に下準備ができるものをポイントに加えるようにすること。

今回のメニューでは、水切りヨーグルトやスノーマンチーズを前日に準備しておいたので、当日の盛り付けがラクになりました。

来年、再来年のクリスマスには、絵本などでクリスマスやサンタさんについての導入をしておき、型抜きやケーキ作りを一緒にしたいと思います!

 

【関連アプリ】

 

【関連記事】

 

 


最新記事一覧

PAGETOP