ママたちが創る、ママのための子育てウェブマガジン[チアーズママ]

指しゃぶり卒業に苦いマニキュア「バイターストップ」が効いた!

 

【連載】買ってよかった![13]

yubi1

 

2歳7カ月の息子はつい先日まで指しゃぶりをしていました。

いつかやめさせなくては……、と思いつつなかなか実行に移すことができず、強硬手段に出ても失敗に終わってしまってばかりでした。

 

半ばあきらめていた私でしたが、あることがきっかけで1週間ほどでやめさせることに成功しました。我が家での体験が、指しゃぶりに悩むママの参考になればいいなと思います。

 

指しゃぶりで爪がぼろぼろ、指はカサカサ

息子は寝るときだけでなくテレビを観ている時、ちょっとぼんやりしている時など1日の大半、指しゃぶりをしていることが多かったように思います。

 

1歳の冬、爪はぼろぼろ、指はカサカサになってしまっていたので指しゃぶりをやめさせようと親指に絆創膏、さらにその上から包帯をぐるぐる巻きにして寝かしつけてみましたが、あっさりとそれらを取ってしまいました。

 

仕方がないので腕を持って指しゃぶりしないようにしてみましたが、泣いて怒って暴れまくったので私のほうがあきらめてしまいました。そんなことがあり、2歳6カ月になるまで気になりつつも見て見ぬふりをするしかなかったのです。

 

歯科医の先生にすすめられた苦いマニキュア

2歳6カ月になった頃、市の歯科検診の案内がきました。
それまでフッ素を塗りに歯医者さん(A歯科)には通っていましたが、市が指定するB歯科に行くことになりました。

 

A歯科でも指しゃぶりの相談をしたことはあるのですが、まだそんなに気にする必要はないと言われ安心しきっていたのです。ところがB歯科では「前歯が少し出てきているから指しゃぶりをやめさせたほうがいい」と言われてしまいました。

 

「言い聞かせとかいろいろやめさせる方法はあるけど、苦いマニキュアがあるから、もしよかったら塗ってみる?」と先生。

 

苦いマニュキュアのことは、インターネットで調べたことがあったのでその存在は知っていましたが注意事項に4歳以上からの使用を推奨していたのであきらめていたグッズでした。そのことを先生に聞いてみると「大丈夫ですよ」とのこと。

 

さっそく息子の爪に塗ってもらうと、ものすごいセメダイン臭!!!  かなりきつい臭いがしていましたが、乾けば臭いはまったくしなくなります。乾くまでの時間もあっという間でした。

 

帰りのクルマの中でさっそく指しゃぶりしようとした息子は、案の定、指を口に入れた瞬間に号泣し始めました。しばらく怒りながら泣いていましたが相当苦かったようで指しゃぶりをしなくなりました。

 

その日のお昼寝の時にも、何度か指を口に入れるもすぐに出し、泣くことはせず渋い顔をしながら寝付きました。

 

その後、起きている間も指を口に持っていこうとはしませんでしたし、夜は1時間ほどでぐずることなく眠りについてくれたのです。

 

yubi2

 

この苦いマニュキュア、「バイターストップ」という製品です。

 

 

商品説明には「爪を噛んだりなめたりする癖を、苦味で抑制するコートです。どなたでもご使用できる苦味成分で、お口の中に特殊な味が広がります。」(Amazonの商品説明より)とあります。

 

この苦味成分については商品内の説明書に「お子様などが誤って飲んでしまうのを防ぐ為の苦味剤で実際に子供向けおもちゃなどに使用されている実績があり、健康には問題ない成分です」と記されています。

 

ちなみにどのくらい苦いのだろうと息子の指を舐めてみると、びっくりでした。
後からじわーっとものすごい苦味が口の中に広がります。大人でも悶絶する勢いの苦味なのです。

 

2日目~3日目

指を口に持っていく回数は減りましたが、たまに舐めて少し泣くという状態。

マニュキュアは2日ほどで剥がれてしまうのか、苦味がなくなるようなので1日おきに塗り直していました。

 

4日目以降

まったく指を舐めることをしなくなったのでマニュキュアを塗ることもやめました。

 

その後…

現在3週間が過ぎましたが、あれほど指しゃぶりをしていたのが嘘のようにまったくしなくなりました。

 

指しゃぶりのやめさせ方については賛否両論あると思います。

そもそもなぜ指しゃぶりをするのか、それは一種の精神安定剤だから無理にやめさせてはよくない、情緒不安定になる、かわいそうだといったような声もよく耳にします。

 

実際、B歯科の先生に「情緒の問題があるから無理にとは言わないけど…」というようなことを言われましたし、話をする機会のあった市の育児相談員さんにも「不安定になったりしなかった?」と聞かれました。

 

私も気になって注意深く観察していたつもりですが、息子に関しては特に変化はなかったように思います。

前述の相談員さんに「まだそんなに指しゃぶりに固執していなかったのかもね、いいタイミングだったのよ」と言われました。

 

実はお恥ずかしい話ですが、私も長く指しゃぶりをしていた子どもでした(確か小学校中学年くらいまで?)

なかなかやめることができず、歯並びが悪くなり歯列矯正をした経験があります。

 

歯列矯正は何年もの時間がかかりますし、強い痛みを伴う治療です(現在はあまり痛くないそうですが……)。息子には私と同じ思いをさせたくはなかったので、小さいうちにやめさせることができて本当によかったと思っています。

 

指しゃぶりをする子どもにとってどんなやめさせ方が一番有効か、どの時期にやめさせるのが一番なのか、悩んでいるママもいらっしゃると思います。

 

言い聞かせでやめられれば、それが一番のようにも思いますが、なかなか難しいと思います。

指しゃぶりが子どもにとって「やめられない癖」になってしまう前に、専門家とやめさせる方法について話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

最新記事一覧

PAGETOP